Profile

Join date: Apr 30, 2022

About

第68回全日本中学校通信陸上競技大会 日本陸上競技連盟公式サイト:第68回全日本中学校通信陸上競技大会の大会情報をご紹介します。


第68回全日本中学校通信陸上競技大会テレビ放送


LIVE🔴📺🏃‍♀️👉 第68回全日本中学校通信陸上競技大会生放送

LIVE🔴📺🏃‍♀️👉 第68回全日本中学校通信陸上競技大会テレビ放送


.


 角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校(N高)は、2016年4月に開校した“ネットの高校”で、学校教育法第1条に定められた高等学校だ。各分野で在校生や卒業生の活躍が増えているが、その中でも同校のeスポーツ部は目覚ましい活躍を見せている。直近では全国高校eスポーツ選手権で好成績を残したほか。STAGE:0では4部門中3部門で優勝という結果を残した。プロ選手も輩出する部活動の成り立ちと、そのポリシーについて、元N高副校長で、現在はS高等学校(S高※)校長を務める吉村総一郎氏に聞いた。(取材・文=片村光博)


【写真】「お洒落すぎ」「ガチ勢最高です」と話題に…貴島明日香が公開した自宅“ゲーム部屋”&vaultroomパーカ姿


 N高eスポーツ部は、2021年度の全国高校eスポーツ選手権ではリーグ・オブ・レジェンドが3位、ロケットリーグが優勝と、例年通りとも言える好成績を記録。部活動自体はSlackチャンネルに入ることでカジュアルに参加可能で、人数は約2300人が在籍する。従来の“強豪部活動”のイメージとは違い、多岐にわたる自由な活動が可能だ。


「コンセプトはeスポーツでつながり、競い、成長するというものです。部員たちはSlackで雑談を楽しんだり、ボイスチャットツールのDiscordを使って交流したり。大会を目指す部員もいれば、好きなゲームをプレイして語り合うことを楽しみにしている部員もいます。eスポーツを通じて友人を作り、競技にも挑んだり、成長することを目指しています」(吉村氏)


 その中で、トップレベルを目指す生徒たちのためには「特別強化選手制度」がコミュニティーとは別に存在。週1~2回、2~3時間の特別顧問によるコーチング、グループ面談を通し、選手の育成を行っている。


 ただ、当初からeスポーツ部として立ち上がったわけではなく、格闘ゲーム部とサッカーゲーム(ウイニングイレブン/現・eFootball)をプレイするサッカー部という2つのネット部活があり、そのほかにもゲームタイトルごとの同好会が乱立。そこからの経緯を、吉村氏は次のように説明する。


「『なぜ格闘ゲームとウイニングイレブンだけ優遇されるのか』という声が高まり、生徒から『国際大会に出るから支援してくれ』と言われるなど、さまざまなことがあったんです。それなら統合してしまおうと。生徒たちが交流すると同時に、外部の実力者から指導を受けて実社会ともつながり、部員同士の成長ができることを目的に設立しました」

シンポジウム開催報告「これで防げる 学校体育・スポーツ事故〜体育館に関わる事故から子どもを守る〜

2022年3月26日、シンポジウム「これで防げる 学校体育・スポーツ事故〜体育館に関わる事故から子どもを守る〜」がオンライン形式で開催された。


◆多職種連携で取り組む

 このシンポジウムは、医療従事者、弁護士、研究者、学校関係者などが中心となって自発的に開催しているもので、2017年から毎年開催しており、今回が第6回目となる。

 これまで「組立体操」「ムカデ競走」「サッカーゴールの転倒」「野球」「プール(主に飛び込み)」「跳び箱」「サッカー(ヘディング)」等に関する傷害とその予防策について検討し、その結果をシンポジウムの形で公表してきたが、今回は「体育館の施設や設備」に着目して、調査、分析、検討を行うこととした。施設や設備について調査・検討するにあたり、日本技術士会登録 子どもの安全研究グループに所属する技術士の方々や、建築士の方にも加わっていただいた。


 体育館に着目したきっかけのひとつに、2021年4月26日に福岡県北九州市で発生したバスケットゴールの落下事故がある。体育館の壁に設置されていたバスケットボールのゴール部分が落下し、 たまたまその下にいた中学生に当たるという事故が起きた。

その後、日本スポーツ振興センターの災害共済給付のデータを分析したところ 、学校の体育館で多数の事故が発生していることがわかった。そこで、体育館でどのような事故が起きているかについて調査・分析を行い、併せて、体育館で起きた傷害の裁判例についても調べることとした。


◆日本スポーツ振興センター:災害共済給付のデータから (発表者:北村 光司 産業技術総合研究所 主任研究員/NPO法人Safe Kids Japan理事)

 2018年度の日本スポーツ振興センターの災害共済給付データを利用して分析を行った。対象としたのは「体育館で発生した小・中学生の事故」で、そのうち比較的重傷度の高い事故(骨折、硬膜下血腫、硬膜外血腫、脳損傷、靱帯断裂、半月板損傷などの傷害かつ給付金額が1万円以上=医療費の総額が25,000円以上)について分析した。


 1年間に発生したすべての事故のうち、体育館の施設や設備が関連したものを抽出したところ381件であった。


 その実態を以下のイラストにまとめた。

日本中学校体育連盟の協力を得て実施した全国アンケートの分析結果 (発表者:渡邉 智己 東京弁護士会 弁護士、原 千広 東京弁護士会 弁護士、三輪 渉 神奈川県弁護士会 弁護士)


 「これで防げる学校体育・スポーツ事故」の検討グループでは、過去にも何度か日本中学校体育連盟(以下、中体連)のご協力をいただいて、全国の中学校を対象としたアンケートを実施してきた。今回も中体連の先生方にご尽力をいただき、全国36都道府県の中学校729校の保健・体育を担当されている先生方から回答をいただくことができた。この場を借りてお礼を申し上げたい。


 今回のアンケートの目的は、体育館の施設・設備とそこでの事故の現状、および各校における施設・設備の点検のあり方について調査し、その結果から事故の予防策を見出すこととした。アンケートでは、以下のような項目について調査を行った。※かっこ内は筆者のコメント。

<東京6大学野球>◇第1週第1日◇9日◇神宮


東京6大学野球の春季リーグが開幕する。6大学の代名詞とも言える従来の2戦先勝による勝ち点制が19年以来、3年ぶりに復活するシーズンとなる。


第1週は、昨季30年ぶりに春秋連覇を達成した慶大と、48季連続で最下位の東大、早大が法大と対戦する。


1勝1敗で3戦目にもつれる展開となれば、投打ともにスタミナ勝負になる。3連覇を狙う慶大は、勝ち点制の採用を見据えて冬季のフィジカル練習を重ねてきた。勝ち点制を経験しているのは、1年生の際に試合出場していた一部の4年生のみ。堀井哲也監督(60)は「本来の対抗戦の形に戻った。とにかくタフな投手陣を作らないといけない。実際に戦う苦しさは未経験な選手が多い。楽しみでもあり不安でもある」と話した。


特に負担がかかるのは、投手になる。投手陣が昨季から大きく入れ替わった早大の小宮山悟監督(56)は「ベンチ入り全員を使って、延長のときは仕方ない。(3試合の)27イニングで考える。未知数の投手陣でやってみないと分からない」と明かした。


昨年1月から就任した法大の加藤重雄監督(65)は、投手陣に「毎日、投げるつもりでいてほしい」と伝えたという。「去年とは違う展開になる。主戦で投げる選手を、リーグ通して使いながら育てたい。調子のいい選手を連日使いたい」。

dfds

各大学を率いる監督の采配にも、注目だ。

ライブ@!! 第68回全日本中学校通信陸上競技大会生放送 2022年5月01日

More actions